スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『私の財産告白』は私のバイブル 

私の資産運用におけるバイブルである『私の財産告白 -本多静六-』を紹介したいと思います。
エントリーが遅くなりましが,資産運用を始めてから常に繰り返し読んでいる本です。

内容は戦前~戦後に活躍した林学者,本多静六(日比谷公園などを設計)が「四分の一貯蓄法」を実行した後に投資に打って出て巨万の富を築き,晩年財産のほとんどを寄付するまでを綴った自伝です。

詳しくは読んで頂くと分かるのですが,戦前にこのような日本人がいたのだと思うと胸が熱くなりました。。 

続きを読む
スポンサーサイト

[2007/01/22 11:02] 書籍紹介 | TB(2) | CM(2)

書籍紹介:プレジデント2006年9.4号「お金の新常識40」 

相互リンクさせていただいている『梅屋敷商店街のランダムウォーカー』(管理人:水瀬ケンイチさん)のエントリー記事,「プレジデント2006年9.4号「お金の新常識40」は豪華執筆陣が目白押し」 を読んで興味を持ったので早速購入してみました

内容は,以下の4つのテーマ別に各主筆者が持論を展開するというもの。

①「もうかる話」のウソ、ホント (9記事)
②「税金と節約」の損得計算(12記事)
③「年金、保険、介護」の盲点(9記事)
④「会社の経費・給与」のカラクリ (7記事)


どの記事もコンパクトにまとまっていて,お金に関することを多岐に摘みたい方にはうってつけです。 その中で私が気になったのは。。。
続きを読む
[2006/08/18 00:55] 書籍紹介 | TB(0) | CM(4)

書籍紹介:『サービスの花道』 

週末に所用で仕事を早引きした際に久しぶりに本屋に立ち寄って以前から気になっていた本を買って帰りました。

その本と言うのは『サービスの花道―特集好きなサービス嫌いなサービス』です。
その名の通り,サービスについて書かれた本ですがこれが実に面白い内容でした。
続きを読む
[2006/08/13 19:08] 書籍紹介 | TB(0) | CM(4)

書籍紹介:『投資バカにつける薬』(山崎元著) 

これまた多くのサイトで推薦されている書籍である『投資バカにつける薬』(山崎元著)を遅ればせながら読んでみましたの紹介したいと思います。(実際は少し前に読んだのですが,紹介が遅れてしまいました^^;)

基本的に,『こうすれば儲かります』ではなく『ここを注意すれば騙されませんよ』という著者の考えを述べていく構成になっており,どこをどう注意するべきなのか,金融商品についてどう考えるべきなのかを分かり易く示しています。
私のような初心者にはまさに打ってつけで,「こんな本を待ってたんだぜ!」と外国のTV通販ばりのリアクションをとりたくなりました(笑)
以前記事にした,『セオリー vol.1 マネーの王道』に似たスタンスですね。
続きを読む
[2006/08/04 01:40] 書籍紹介 | TB(1) | CM(0)

書籍紹介:『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメントノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵』  

投資による資産運用を行う上での必読の書,と言えばそれぞれ意見があるところでしょうが,かなりの確立でオススメ本に上がっている話題の書,『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵』を遅ればせながら先週読んでみました。

「資産運用始める前に読め!」と言う突っ込みはなしで^^;
続きを読む
[2006/07/30 10:21] 書籍紹介 | TB(2) | CM(5)

書籍紹介:『マネーの王道』 

久しぶりに書店に足を運んでみました
別に本を買う目的じゃなくてもいるだけでなんだかウキウキしてしまします^^
とは言うものの,ふと目についたセオリー vol.1 マネーの王道という本を手に取り立ち読みし始めて,結局買いました

続きを読む
[2006/06/19 10:10] 書籍紹介 | TB(0) | CM(0)

書籍紹介:『内藤忍の資産設計塾 実践編』 

資産運用するにもまったく知識を持たずに始めるのは地図を持たずに登山するようなものです。

というわけで何か本を読んで勉強してみることにしました
なにしろ大学は文学部な上に大の数字苦手な私ですので。。ーー;


続きを読む
[2006/04/20 11:45] 書籍紹介 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。