スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電子ケトルで電気代とガズ代を同時に浮かす! 

我が家は今時少ないプロパン(LP)ガスなのです
知ってる人は知っていると思いますが,プロパンはガス料金が都市ガスや天然ガスと比べ,かなり高い!
 理由としては都市ガスや天然ガスと違い,事業主が好きに価格を設定出来ることが挙げられます。なので,住んでいる地域がプロパンガスの場合は各事業主に見積を取って地域で一番低価格な事業主と契約することが大事です。

 しかし我が家は・・,集合住宅なので事業主を選択出来ません(涙)
そこでお湯が必要な時は電子レンジで温めるなどといった節約術を使っていたのですがなかなか熱湯にはならないし,結構時間がかかってしまい面倒でした。

 ところが・・
続きを読む
スポンサーサイト

[2006/06/01 14:56] 節約術(高熱費) | TB(0) | CM(0)

蛍光灯を有効に使う 

最近の蛍光灯は性能が上がっていて,電気の消耗が減った上に
明るさも格段に向上しているのです。

そこで今使用している蛍光灯が古くなっているなら,
いっそのこと交換してみると良いと思います。
続きを読む
[2006/05/27 15:00] 節約術(高熱費) | TB(0) | CM(6)

扇風機でエアコン代を節約する 

夏はどうしても電気代があがりがちです特にエアコンの稼動率が上がると電気代にモロに影響します。。
しかもエアコンの風向きってなかなかこちらの思うとおりにはならず,結果的にさらに温度を上げてしまい・・・,と言った悪循環にはまります。
しかし,簡単にエアコンの設定温度を高くしても部屋全体が冷える方法があるのです。


それは,「扇風機を首振りで回すだけ!」
 
扇風機を使うだけでエアコンの風を部屋全体に回すことが出来てエアコンの温度も上げられ結果的に電気代も節約出来ます


【リビング扇を購入する】続きを読む
[2006/05/23 13:12] 節約術(高熱費) | TB(0) | CM(0)

口座振替にチェンジしよう! 

なんと!月々の電気代支払いをコンビニ等の窓口支払いから口座振替に切り替えるだけでと月¥50の割引になるのです

毎月窓口に行く手間も省けて割引も受けられてさらに年¥600の節約

特に努力せずに年¥600お得です。やらない手はありませんちなみに何で50円引きになるかと言うと,窓口支払いの用紙代と郵送料分だそうです^^;
続きを読む
[2006/04/30 20:43] 節約術(高熱費) | TB(2) | CM(0)

『節電タップ』で待機電力をカット! 

毎月の決まった支出に電気代があります。さすがにこれを¥0にすることは出来ませんが,簡単に10%削減する方法があります。
 
この10%というのは『待機電力』(略して待電)のことです 待機電力というのはコンセントに差し込んでいるだけで自動的に消費している電力のこと。文字通り「待機」状態の「電力」ですね

コンセントを差し込んでるだけで10%も電力を無駄に消費しているなんて無意味ですよね。月¥3000だとしたら¥300にもなるわけだし

と,言うわけで我が家では待機電力をカットする『節電タップ』を使用しています 結構ポピュラーな節約グッズではありますが,いちいちスイッチをON/OFFするのが面倒なせいか使っている人は意外に少ないようです

 しかし,使うだけで10%も節約出来るし,今日からでもすぐ実行できます。
 節約ライフの第一歩にお勧めですね


【節電タップ 6口タイプ】






[2006/04/30 10:32] 節約術(高熱費) | TB(0) | CM(0)

半身浴は健康と家計に優しい☆ 

日本人は世界有数のお風呂好きな民族だそうです
旅行の定番と言えば例外なく温泉が挙がることからも当たってそうです。
ちなみに我が家では温泉はあまり行きませんが,自宅で半身浴を実践しています

 きっかけはたまたまお湯が少ない日があって,湯を足すのが面倒だったからそのまま入ったことに始まります^^;
続きを読む
[2006/04/15 16:31] 節約術(高熱費) | TB(0) | CM(0)

保温シートでポカポカ節約 

冬の大敵には寝冷えによる風邪がありますそしてその原因の多くは風呂上りに体が冷えてしまうからだそうです。
ならば,お風呂で充分暖まることが寝冷え防止に必要なこととなります
続きを読む
[2006/03/28 13:12] 節約術(高熱費) | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。