スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

外国ETFに新展開か!? 

本日海外ETFについて注目すべき記事を目にしました。
早速以下に引用してみます。
最近ダウが連日最高値を更新して外国株式投資に二の足を踏んでしまいがちですが,明るいニュースになるやもしれません^^

以下引用


東証:海外提携協議 将来像、欧米株連動のETF上場も

東京証券取引所がニューヨーク証券取引所(NYSE)や欧州の証券取引所「ユーロネクスト」などと提携協議に入ったことが明らかになったが、資本、業務提携が実現した場合、投資家にどんなメリットがあるのか。東証と各取引所の具体的な交渉はこれからだが、相手市場に上場している外国企業の株式や金融商品を東証で売買できる可能性が指摘されている。
仏、オランダ、ベルギー、ポルトガルなどの取引所を運営するユーロネクストは05年11月、TOPIX(東証株価指数)に連動したユーロ通貨建ての上場投資信託(ETF)をパリの取引所に上場した。TOPIX連動のETFは欧州の投資家の関心を集め、現在はドイツ、イタリアの取引所にも上場している。
ただ、ETFの上場は現在は一方通行で、東証には海外の株価指数に連動した投資信託は上場されていない。NYSEなどとの本格的な提携が実現すれば、ダウ工業株30種平均など欧米の株価指数に連動したETFが東証にも上場される可能性が高い。
東証は、韓国などアジアの証券取引所と、相手市場に上場する企業の株式を相互に売買できる制度の創設も検討している。実現すれば、サムスン電子や現代自動車などの株式を東証で売買できるようになる。だが、市場では「韓国の株を東京で売買するニーズが本当にあるのか」との声もあり、東証は「十分にリサーチして検討したい」としている。
一方、東証は売買システムトラブルの反省から、09年をめどに「世界最高水準」の次世代システムを開発し、導入することを目指している。06年度から3年間で約300億円を投資する計画だが、NYSEや韓国証券取引所と共同開発すれば開発コストを抑えられる可能性もある。
その場合、投資家が証券会社を通じて東証に支払う株式などの売買手数料が下がる可能性があるが、「投資家が実感できるほどの引き下げは難しいかもしれない」(東証関係者)という。【川口雅浩】

毎日新聞 2006年11月20日

引用終わり


先月ネット証券の楽天証券が海外ETFの取り扱いを開始しましたが,東証もようやく動くようです。

とは言っても実現はまだまだ先のようです。--;
外国はTOPIXのETF買えるのに日本は海外ETF買えないなんておかしいですよね。。。
スポンサーサイト

[2006/11/20 11:13] 資産運用(投資信託) | TB(2) | CM(4)

向こうに上場されているTOPIXのETFがユーロ建てなんですね。日本で海外ETFが上場されるときには円建てと外貨建てが選べるといいな~と思っています。

ところで、にじ@Rayさんとにじ@hisaさんはどんな関係なんですか? 気になります・・
[2006/11/20 19:31] 空色 [ 編集 ]

トラックバックありがとうございます。
欧米株連動のETF上場、うまくいくといいですね。
国内の証券会社・運用会社など、いわゆる「抵抗勢力」の猛烈な抵抗が予想されますが、証券取引所の社会的使命を全うするよう、東証には頑張ってほしいです。

ところで、僕も、にじ@Rayさんとにじ@hisaさんの関係(使い分け?)が気になっています。
教えてくださいよー(^^ゞ

空色さん・水瀬さん

どちらも同じです^^;
hisaの方は別のサイト(投資・節約とまったく無関係)でのHMなんです。今は更新停止中なんですけどね><

つまり単に間違えただけです・・i-238
混乱させてすいませんでした^^;

[2006/11/20 21:55] にじ@Ray [ 編集 ]

調味料

調味料を探すなら http://www.allnavi.jp/100227/100300/
[2008/10/02 00:40] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://setuyakurainbow.blog59.fc2.com/tb.php/90-1b412278


ネット証券とオンライントレード

ネット証券というのは、インターネットを利用して証券取引サービスを行う証券会社のことを意味します。
[2006/12/05 11:42] URL できるビジネスマン必見

韓国証券取引所韓国証券取引所(かんこくしょうけんとりひきじょ)は大韓民国にあった証券取引所。現在は韓国取引所の一部門。韓国取引所の本部は釜山広域市だが、証券取引部門は引き続きソウル特別市永登浦区汝矣島で行われる。組織の運用形態は特殊法人だった。1部と2部で
[2007/07/25 10:50] URL 証券会社完全ガイド






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。